医療脱毛.biz ~ 早く、しっかり脱毛でキレイに


医療脱毛・TOP > 福島県で医療脱毛 > 医療脱毛 料金

肌をみがいて再出発。きっと、新たな出会いが待っている。

福島県で医療脱毛 料金について、エステ脱毛と医療脱毛はどのような違いがあるのでしょうか? 以下に、エステ脱毛と比べた場合の医療脱毛のメリット・デメリットをまとめてみました。

デメリット~店舗数、施術料金

デメリット①:クリニック数が少ない

近年、医療脱毛を行うクリニックも増えてはいますが、やはりエステと比べるとまだまだ数が少ないのが現状です。とはいえ、予約に関しては、エステは安いキャンペーン料金で無制限の施術などを謳っている分、来店者が殺到し、予約をとりづらいという面もあります。クリニックの場合はそうした問題はほぼありません。

デメリット②:痛みを感じやすい

レーザー脱毛はエステの光脱毛に比べ、痛みを感じやすいということがあります。現在、脱毛専門のクリニックでは、痛みを感じにくい脱毛機「ライトシェア・デュエット」を用いるなど、痛みの解消に努めています。どうしても痛みに耐えられないという場合は、麻酔の使用も可能です。

デメリット③:料金が高い

全身脱毛の場合、医療脱毛だと30万円前後というのが相場です。ただ、クレジットもききますし、むしろ、エステのほぼ3分の1から半分の期間で施術が完了すること、また永久脱毛のためエステよりお得感があります。

メリット~短期間、安心感

メリット①:施術回数が少ない~短期間でキレイに

医療脱毛はエステと比べ、ほぼ3分の1の施術回数で済みます。エステの場合、毛周期に沿って2,3カ月置きに施術を行いますので、満足のいく仕上がりまでに、3年ほどかかることがあります。

メリット②:永久脱毛が望める~毛乳頭を破壊

レーザー脱毛では、毛の再生工場である毛乳頭を完全に破壊するため永久脱毛が望めます。この永久脱毛の施術に関しては、医師法により、クリニックでしか行うことができません。

メリット③:安心感~ドクターケアが充実

医療機関での施術ですので、ドクターケアも万全です。万が一肌のトラブルが起きた時も、十分な対処ができ安心です。

医療脱毛のススメ~脱毛施術、本来は医療の一環です。


エステ脱毛ではキャンペーンで施術料金の安さをアピールしていますが、施術による脱毛効果という点ではどうしても、医療脱毛のほうに軍配があがりそうです。

エステの場合、医師法という縛りがあるため、脱毛機の出力が弱く、毛根にある毛の再生工場である毛乳頭を完全に破壊することができません。

しかし、この毛乳頭を正確に破壊しない限り、毛は再び生えてきます。そのためには、医療レーザー脱毛機のような高い出力(70度前後の熱)の脱毛機で施術を行う必要がありますが、そうした脱毛機は医療機器とされ、エステでは使用が認められていません。そのため、どうしてもエステ脱毛には限界があります。

また、エステ脱毛の場合、脱毛機の出力の弱さから、施術が長期に渡る(全身脱毛でおよそ3年)、何度も通わなければならないという面倒臭さがあります。そのたびに、さまざまな部位の施術を薦められ、結局料金がクリニックとほぼ変わらないといったことが起きることもあります。

エステ脱毛の場合は、毛周期というものを見ながら、2、3カ月置きの施術となりますが、医療脱毛の場合は、これがほぼ関係なく行えますので非常に合理的なのです。

さらにいうと、脱毛という、脱毛機により皮膚の一部に熱を照射させる行為は、現行の医師法では、「レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」とされ、厳密にいうと、全ての脱毛施術が医療行為となります。脱毛の施術で、肌にトラブルが生じた場合は、ドクターや看護師がそれに対処するということが必要になってきます。

また、医療脱毛はレーザーによる施術ですから、肌の新陳代謝の促進も期待できます。ですから、肌の健康や美肌、施術効果、安全・安心ということを考えた場合、医療的な観点からの脱毛施術がオススメです。


肌の健康や美肌、施術効果、安全・安心でオススメの
【 医療脱毛 】クリニックはこちら >>

UP